Latest tweets エイゼンシュテイン


【リガの歴史地区】ラトビア ユーゲントシュティール様式…ドイツ版アール・ヌーヴォー 建築家 ミハイル・エイゼンシュテイン設計の集合住宅
エイゼンシュテインのディズニー論(『表象』7号に収録)を読んだが、めちゃめちゃに興奮していてかわいいな
セルゲイ・エイゼンシュテイン...ソ連の映画監督。代表監督作『戦艦ポチョムキン』でモンタージュ理論を確立した-東大生10人で朝からそれ正解
現代のリアル俳優ではエマ・ストーンの目がでっかいなぁと思うけど、エイゼンシュテインの『イワン雷帝』でイワン雷帝の妃アナスタシアを演じたリュドミラ・ツェリコフスカヤという女優はさらに目が大きくて初見時に驚いた。モノクロ映画でメイクが濃いためもあるかもしれないけど。
ピーター・グリーナウェイの“世紀のチン作”を観た! エイゼンシュテインのメキシコ滞在を描く https://t.co/eklb0ZRaGx @realsound_mさんから
@エイゼンシュテイン:だから予算を軍備に傾け過ぎるなと言っている……軍に多額の投資を続け、その出費を賄うために、また戦争を繰り返す! この国はそんな、どうしようもない国になってしまった!!
セルゲイ・エイゼンシュテイン...ソ連の映画監督。代表監督作『戦艦ポチョムキン』でモンタージュ理論を確立した-東大生10人で朝からそれ正解
プロコフィエフ《交響曲第6番》 第1楽章。去年観たセルゲイ・エイゼンシュテイン監督作『アレクサンドル・ネフスキー』で、戦いの後の死屍累々とした氷上シーンのバックにプロコフィエフの哀歌が魂を鎮撫するかのように流れていたのを思い出させます。(続く
ところがおもしろいことには、日本でエイゼンシュテインが神様のように持てはやされている最中に、当のエイゼンシュテイン自身が、日本の伝統的文化は皆モンタージュ的であるが、ただ日本映画だけがそうでないと言ったという話が伝えられて来た。
何事も表層でしか物事を捉えない極めて浅はかな視点。じゃあタルコフスキーは何故亡命したかのかと。それに『アレクサンドル・ネフスキー』(1938)以後、スターリンが本格的に表現の自由を規制するようになって『イワン雷帝』が完成せず、エイ… https://t.co/xOnMgFdbRU
セルゲイ・エイゼンシュテイン...ソ連の映画監督。代表監督作『戦艦ポチョムキン』でモンタージュ理論を確立した-東大生10人で朝からそれ正解
ソビエト連邦映画の巨匠、セルゲイ・エイゼンシュテイン監督は、モンタージュ技法などの映画理論を確立した映画監督として、映画史上に大きな影響を与えたわ。代表作には「戦艦ポチョムキン」「アレクサンドル・ネフスキー」「イワン雷帝」があるね。
星音もエイゼンシュテインもそうだけど光の加減で若干髪色変わる髪の毛大好き
県図書館でVHS借りてきた。 ドイツ映画の誕生とも言われた『プラーグの大学生』(オリジナル1913年版)と、ソ連映画でエイゼンシュテインと並ぶプドフキンの『母』(1926)。 どっちもレンタルなく、中古はまあまあ高価。 https://t.co/Wun0auUofH
...
戦艦ポチョムキン 1925年に製作・公開されたソ連のサイレント映画、エイゼンシュテイン監督の長編第2作目で、「第1次ロシア革命20周年記念」として製作された 共産主義的プロパガンダ映画の為に、海外で公開される際は検閲を受けた https://t.co/csTCfS30Kv
...

close