Latest tweets 弾道ミサイル発射


中距離弾道ミサイル「KN-17」 「火星12」とも呼ばれる 2017年頃に複数回発射され、射程3000km以上で核兵器の搭載も可能と考えられる 移動式発射台から発射可能で新型液体燃料を使用している 日本に対して使用される可能性もあり、脅威度は高い
これか、昨年2018年12月18日11:48にベーリング海上空(北緯56.9゜東経172.4゜)に30㎞/秒で突入した直径10m程の隕石ってのは。 弾道ミサイル発射の赤外線放射を捉える為のDSP衛星(早期警戒衛星とも)が探知したか… https://t.co/b7Y9E4FtoV
大陸間弾道ミサイル「KN-08」「KN-08 Mod2」 「火星13」とも呼ばれる 移動式発射装置から発射可能で射程は6000km以上とオーストラリア大陸が射程に入る可能性もある 実験モデルと考えられているが、仮に配備されても日本に使われる可能性は低い
事実上の閉店 (事実上の弾道ミサイル発射風に) https://t.co/3UlAZuBFWl
@Istar_Aiwendil 掩体壕のレベルによります。例えば弾道ミサイル移動発射機を隠すような本格的なものは生半可な貫通爆弾程度は凌ぎますが、本格的な貫通兵器は凌げない。かといって本格的なものは大きくなるので目立ちやすい。攻撃… https://t.co/V6BiVjoVqU
@Istar_Aiwendil 掩体壕は不意打ちでやられないようにするためのものですが、貫通弾頭や貫通爆弾に対しては効果が無いので、相手が本格的な戦力の投入を決断したら無力です。故に戦時には掩体壕を出て逃げ回らければならない。例え… https://t.co/fM4VuJbt9E
【武力攻撃事態の類型ごとの特徴】「弾道ミサイル攻撃」 •発射された段階での攻撃目標の特定が極めて困難で、短時間での着弾が予想される。 •弾頭の種類(通常弾頭であるのか、NBC弾頭であるのか)を着弾前に特定するのが困難であり、弾頭の種類に応じて、被害の様相や対応が大きく異なる。
#深層news 核実験、弾道ミサイル発射実験。何よりも #拉致被害者全員奪還 で動きたい日本です。 日本国内の法整備でしょうか。諸外国に働きかけをしつつも、国内の制度を整えないと。
#深層news こんばんは。一日お疲れさまでした。呟き始めるとキリがないです。北朝鮮は瀬戸際外交、アメリカは軍隊を動かして万が一に動いているでしょう。日本の対応がどうか・・・ 北朝鮮が核実験、弾道ミサイル発射実験を行ったら、経済制裁だけの対応にならないのでは。
@umekich61523936 好意的解釈きわめてるな 何処の国がどう見ても弾道ミサイルの発射実験だろ 『宇宙空間を飛ぶ他国のロケット実験を、ミサイルに見立てて』

close