Latest tweets 指摘の日


RT @kenpoushugo: なぜ?進まない育メンの実態 18年総裁選を問う(自論) 幼保無償化より育休取得の壁 係る実態に強行採決の爪跡 ‘18年総裁選を問う 働き方以降も育休取得は わずか年数日限りの実績。 夫婦共働きが日常化した今 無償化では補えない実態を 決めるだ…
RT @deadletterjp: 「感謝」どころか日帝の残虐さと加害者性を厳しく指摘したアジア諸国の発言はこちらから一部確認できます。紛れもなく、日帝は先の戦争における最大の加害国の一つですので、その点くれぐれもお間違えなきよう。https://t.co/SVQWzMzk26
RT @GoofySmile4: @wanpakutenshi 白井聡氏の次の指摘は慧眼。 保守派が過去の戦争に「正義はあった」と自負するのならば... 証拠を焼く必要はなかった...。義を確信するのならば、「不当な罰」を受ける可能性を引き受け、いつの日か義が認められるよう…
RT @kenpoushugo: なぜ?進まない育メンの実態 18年総裁選を問う(自論) 幼保無償化より育休取得の壁 係る実態に強行採決の爪跡 ‘18年総裁選を問う 働き方以降も育休取得は わずか年数日限りの実績。 夫婦共働きが日常化した今 無償化では補えない実態を 決めるだ…
RT @GoofySmile4: @wanpakutenshi 白井聡氏の次の指摘は慧眼。 保守派が過去の戦争に「正義はあった」と自負するのならば... 証拠を焼く必要はなかった...。義を確信するのならば、「不当な罰」を受ける可能性を引き受け、いつの日か義が認められるよう…
RT @GoofySmile4: @wanpakutenshi 白井聡氏の次の指摘は慧眼。 保守派が過去の戦争に「正義はあった」と自負するのならば... 証拠を焼く必要はなかった...。義を確信するのならば、「不当な罰」を受ける可能性を引き受け、いつの日か義が認められるよう…
RT @deadletterjp: 「感謝」どころか日帝の残虐さと加害者性を厳しく指摘したアジア諸国の発言はこちらから一部確認できます。紛れもなく、日帝は先の戦争における最大の加害国の一つですので、その点くれぐれもお間違えなきよう。https://t.co/SVQWzMzk26
RT @goeland_argente: “ショッキングな出来事がきっかけで、ある日突然、眠りから目覚めない子どもたちがスウェーデンで多数みられています。「Resignation Syndrome(あきらめ症候群、生存放棄症候群)」と名付けられたこの症状の回復には、移民政策が大…
左派系の方々が”終戦記念日”ではなく、”敗戦記念日”にしろ。とうるさいが、一体どこの国が敗戦を記念するのやら。 それに、戦争が終わった日であるのだから、終戦で何の問題もないだろ。 指摘するのならば、”記念日”かと思ったのだが、まさか終戦の方に噛み付くとは、考えがわかりかねます。
RT @goeland_argente: “ショッキングな出来事がきっかけで、ある日突然、眠りから目覚めない子どもたちがスウェーデンで多数みられています。「Resignation Syndrome(あきらめ症候群、生存放棄症候群)」と名付けられたこの症状の回復には、移民政策が大…
RT @noanoa2159: @dateeeeeeen 自覚ないのめっちゃカワイ 指摘されたら今までにないくらいキレそう…💧オモロい 顔には出ないけど早くどっかいってくれないかな…とか思ってる… あと伊達さん今日お誕生日だって伺ったので即席で申し訳ねぇですがミカちゃんよかった…
RT @GoofySmile4: @wanpakutenshi 白井聡氏の次の指摘は慧眼。 保守派が過去の戦争に「正義はあった」と自負するのならば... 証拠を焼く必要はなかった...。義を確信するのならば、「不当な罰」を受ける可能性を引き受け、いつの日か義が認められるよう…
RT @deadletterjp: 「感謝」どころか日帝の残虐さと加害者性を厳しく指摘したアジア諸国の発言はこちらから一部確認できます。紛れもなく、日帝は先の戦争における最大の加害国の一つですので、その点くれぐれもお間違えなきよう。https://t.co/SVQWzMzk26
RT @Simon_Sin: 『台湾に初の慰安婦像設置 国民党・馬英九前総統が出席』 「日台関係に影を落とす可能性もある」とあるが日本政府が普通に謝罪すればよいだけなのではないか。事実を指摘すると影が落ちる関係とはなんなのか。 https://t.co/MGBWd1Kg7K
RT @GoofySmile4: @wanpakutenshi 白井聡氏の次の指摘は慧眼。 保守派が過去の戦争に「正義はあった」と自負するのならば... 証拠を焼く必要はなかった...。義を確信するのならば、「不当な罰」を受ける可能性を引き受け、いつの日か義が認められるよう…

close