Latest tweets 日本の伝統的

loading...

RT @tarareba722: 日本語文献に初めて「かき氷」が登場したのは『枕草子』(四十二段)であり、清少納言が「めっちゃ雅でいい感じ」と言及する記述を読むにつけ、現代の女子がタピオカやチョコミントを仲間内で楽しげにレポートしているのは、日本文化におけるスイーツ需要の最も伝…
RT @tarareba722: 日本語文献に初めて「かき氷」が登場したのは『枕草子』(四十二段)であり、清少納言が「めっちゃ雅でいい感じ」と言及する記述を読むにつけ、現代の女子がタピオカやチョコミントを仲間内で楽しげにレポートしているのは、日本文化におけるスイーツ需要の最も伝…
RT @tarareba722: 日本語文献に初めて「かき氷」が登場したのは『枕草子』(四十二段)であり、清少納言が「めっちゃ雅でいい感じ」と言及する記述を読むにつけ、現代の女子がタピオカやチョコミントを仲間内で楽しげにレポートしているのは、日本文化におけるスイーツ需要の最も伝…
RT @tarareba722: 日本語文献に初めて「かき氷」が登場したのは『枕草子』(四十二段)であり、清少納言が「めっちゃ雅でいい感じ」と言及する記述を読むにつけ、現代の女子がタピオカやチョコミントを仲間内で楽しげにレポートしているのは、日本文化におけるスイーツ需要の最も伝…
RT @tarareba722: 日本語文献に初めて「かき氷」が登場したのは『枕草子』(四十二段)であり、清少納言が「めっちゃ雅でいい感じ」と言及する記述を読むにつけ、現代の女子がタピオカやチョコミントを仲間内で楽しげにレポートしているのは、日本文化におけるスイーツ需要の最も伝…
RT @tarareba722: 日本語文献に初めて「かき氷」が登場したのは『枕草子』(四十二段)であり、清少納言が「めっちゃ雅でいい感じ」と言及する記述を読むにつけ、現代の女子がタピオカやチョコミントを仲間内で楽しげにレポートしているのは、日本文化におけるスイーツ需要の最も伝…
RT @tarareba722: 日本語文献に初めて「かき氷」が登場したのは『枕草子』(四十二段)であり、清少納言が「めっちゃ雅でいい感じ」と言及する記述を読むにつけ、現代の女子がタピオカやチョコミントを仲間内で楽しげにレポートしているのは、日本文化におけるスイーツ需要の最も伝…

close