Latest tweets 江戸城


RT @satsumakokusui: →『日本国紀』257頁続 “江戸時代には「白地赤丸」は意匠の一つとして普及し様々な場所で用いられ、幕府は公用旗として使っていた。家康ゆかりの熱海の湯を江戸城に運ばせる際には、その旗を立てている。「熱海よいとこ日の丸立てて御本丸へとお湯が…
皆様こんにちは。 本日の札幌の天気は曇 予想最高気温6℃です。 11月17日は『将棋の日』 将棋好きの8代将軍徳川吉宗が、この日を「お城将棋の日」としたことが由来。 年に1回、江戸城内で公務として対局を行っていたそうです。… https://t.co/oHFAoXXkdi
RT @satsumakokusui: →『日本国紀』257頁続 “江戸時代には「白地赤丸」は意匠の一つとして普及し様々な場所で用いられ、幕府は公用旗として使っていた。家康ゆかりの熱海の湯を江戸城に運ばせる際には、その旗を立てている。「熱海よいとこ日の丸立てて御本丸へとお湯が…
RT @pfeasy: 本日11月17日は将棋の日 江戸時代、将棋所が毎年一度、江戸城内で公務として行っていた対局を、第8代将軍徳川吉宗が享保元年(1716年)より毎年旧暦11月17日を「御城将棋及び御城碁の日」とし、この日に御城将棋、御城碁を行うようになったことにちなんで制定…
RT @pfeasy: 本日11月17日は将棋の日 江戸時代、将棋所が毎年一度、江戸城内で公務として行っていた対局を、第8代将軍徳川吉宗が享保元年(1716年)より毎年旧暦11月17日を「御城将棋及び御城碁の日」とし、この日に御城将棋、御城碁を行うようになったことにちなんで制定…
RT @satsumakokusui: →『日本国紀』257頁続 “江戸時代には「白地赤丸」は意匠の一つとして普及し様々な場所で用いられ、幕府は公用旗として使っていた。家康ゆかりの熱海の湯を江戸城に運ばせる際には、その旗を立てている。「熱海よいとこ日の丸立てて御本丸へとお湯が…
RT @satsumakokusui: →『日本国紀』257頁続 “江戸時代には「白地赤丸」は意匠の一つとして普及し様々な場所で用いられ、幕府は公用旗として使っていた。家康ゆかりの熱海の湯を江戸城に運ばせる際には、その旗を立てている。「熱海よいとこ日の丸立てて御本丸へとお湯が…
RT @pfeasy: 本日11月17日は将棋の日 江戸時代、将棋所が毎年一度、江戸城内で公務として行っていた対局を、第8代将軍徳川吉宗が享保元年(1716年)より毎年旧暦11月17日を「御城将棋及び御城碁の日」とし、この日に御城将棋、御城碁を行うようになったことにちなんで制定…
RT @satsumakokusui: →『日本国紀』257頁続 “江戸時代には「白地赤丸」は意匠の一つとして普及し様々な場所で用いられ、幕府は公用旗として使っていた。家康ゆかりの熱海の湯を江戸城に運ばせる際には、その旗を立てている。「熱海よいとこ日の丸立てて御本丸へとお湯が…
RT @satsumakokusui: →『日本国紀』257頁続 “江戸時代には「白地赤丸」は意匠の一つとして普及し様々な場所で用いられ、幕府は公用旗として使っていた。家康ゆかりの熱海の湯を江戸城に運ばせる際には、その旗を立てている。「熱海よいとこ日の丸立てて御本丸へとお湯が…
RT @pfeasy: 本日11月17日は将棋の日 江戸時代、将棋所が毎年一度、江戸城内で公務として行っていた対局を、第8代将軍徳川吉宗が享保元年(1716年)より毎年旧暦11月17日を「御城将棋及び御城碁の日」とし、この日に御城将棋、御城碁を行うようになったことにちなんで制定…
RT @pfeasy: 本日11月17日は将棋の日 江戸時代、将棋所が毎年一度、江戸城内で公務として行っていた対局を、第8代将軍徳川吉宗が享保元年(1716年)より毎年旧暦11月17日を「御城将棋及び御城碁の日」とし、この日に御城将棋、御城碁を行うようになったことにちなんで制定…
RT @pfeasy: 本日11月17日は将棋の日 江戸時代、将棋所が毎年一度、江戸城内で公務として行っていた対局を、第8代将軍徳川吉宗が享保元年(1716年)より毎年旧暦11月17日を「御城将棋及び御城碁の日」とし、この日に御城将棋、御城碁を行うようになったことにちなんで制定…
RT @pfeasy: 本日11月17日は将棋の日 江戸時代、将棋所が毎年一度、江戸城内で公務として行っていた対局を、第8代将軍徳川吉宗が享保元年(1716年)より毎年旧暦11月17日を「御城将棋及び御城碁の日」とし、この日に御城将棋、御城碁を行うようになったことにちなんで制定…

close