Latest tweets ei2020


コロナ後のグローバル・バリュー・チェーンの行方(国際通貨研究所)戦略的に一部で「リショアリング」がなされる可能性はあるものの、「多角化」や「リージョナリゼーション」、「複製化」などあらゆる選択肢を含めて複合的にサプライチェーンの再… https://t.co/52SkRlGlBu
[PDF] IIMAの目 NO.35 コロナ危機下で急増する日米の企業債務 岩岡 聰樹(国際通貨研究所) / https://t.co/yqlZuOyvxL
コロナ危機下で急増する日米の企業債務(国際通貨研究所)債務調整圧力が急速に強まることは無いと思われるが、経済活動水準と比較した企業債務の高止まりが今後2~3年程度は設備投資や雇用の増加を抑制する可能性は見ておく必要があるだろうhttps://t.co/aDb22A4J96

close