Retro_game_bot (@Retro_game_bot)


コズミックファンタジー4の第1章のオープニングとゲームプレイ。個人的にPCエンジンで最も好きなゲームの一つだった。https://t.co/9h8byn3wMz
チャレンジャーは、ハドソンより1985年10月15日に発売されたファミコン用コンピュータゲームソフト。個人的にはBGMがとてもよく出来たゲームだと思う。大人になった今でも希に聴きたくなる。https://t.co/r2om1tQORv
ちなみにコメント登録数はまだ少ないですが随時増やしていく所存です。
昔、TVゲームは害悪としか思われてなかった時代もあった。何の役にも立たないとしてTVゲームで遊ぶことを禁止する学校も。しかし現在、ゲーム世代の人々らはプレデターみたいな遠隔操作兵器をゲーム感覚ですぐに使いこなせると一部で評判。
LD(レーザーディスク)ゲームの「タイムギャル」の動画。、これは1985年にタイトーが制作・販売したアーケードゲーム。https://t.co/QmNjZhemrN
昔のアーケードゲームには「LDゲーム」というジャンルがあった。画面は基本的にLD(レーザーディスク)からの映像で、このため当時のゲームが不得意としていた長時間の映像を扱えた。
Bugってハニーは、1986年10月3日から1987年9月25日まで日本テレビ系列局各局にて放送されたテレビアニメ。高橋名人の冒険島の物語をベースとして話が進んだ。ゲームも出たがアクションでなく何故かブロック崩しだった。https://t.co/J7Mpb48MOm
高橋名人の冒険島は、ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント) が1986年9月12日に発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフト。このゲームで高橋名人のファンになった人も多い。私もそうです。https://t.co/tdKFuP3FL0
スペランカーは1983年に発売されたアクションゲーム。ファミコン版などでも出ているのでプレイした人は意外と多い。ただ主人公が死にやすくクソゲーの代名詞として扱われる。筆者もその難易度にサジを投げた。https://t.co/hp3drNIdBd
ピピンアットマークとは、バンダイ・デジタル・エンタテイメントがアップルコンピュータと共同開発したマルチメディア機。日本では1996年3月下旬発売。当時、ピピンのライバルはインターネット対応TVとか言われていた。https://t.co/82D52JX3Eq
TV BOYとは「1977〜1984年の懐かしい名テレビゲームを内蔵した永久保存版ゲーム機」なる触れ込みの物体。126種類(+隠しゲームが1本)のゲームが入っている。1990年半ば頃に発売された。TVとの接続方法がアンテナ式。https://t.co/9D3Lcod7Fz
コズミックファンタジー4の第1章のオープニングとゲームプレイ。個人的にPCエンジンで最も好きなゲームの一つだった。https://t.co/9h8byn3wMz
チャレンジャーは、ハドソンより1985年10月15日に発売されたファミコン用コンピュータゲームソフト。個人的にはBGMがとてもよく出来たゲームだと思う。大人になった今でも希に聴きたくなる。https://t.co/r2om1tQORv
ちなみにコメント登録数はまだ少ないですが随時増やしていく所存です。
昔、TVゲームは害悪としか思われてなかった時代もあった。何の役にも立たないとしてTVゲームで遊ぶことを禁止する学校も。しかし現在、ゲーム世代の人々らはプレデターみたいな遠隔操作兵器をゲーム感覚ですぐに使いこなせると一部で評判。
LD(レーザーディスク)ゲームの「タイムギャル」の動画。、これは1985年にタイトーが制作・販売したアーケードゲーム。https://t.co/QmNjZhemrN
昔のアーケードゲームには「LDゲーム」というジャンルがあった。画面は基本的にLD(レーザーディスク)からの映像で、このため当時のゲームが不得意としていた長時間の映像を扱えた。
Bugってハニーは、1986年10月3日から1987年9月25日まで日本テレビ系列局各局にて放送されたテレビアニメ。高橋名人の冒険島の物語をベースとして話が進んだ。ゲームも出たがアクションでなく何故かブロック崩しだった。https://t.co/J7Mpb48MOm
高橋名人の冒険島は、ハドソン(現・コナミデジタルエンタテインメント) が1986年9月12日に発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフト。このゲームで高橋名人のファンになった人も多い。私もそうです。https://t.co/tdKFuP3FL0
スペランカーは1983年に発売されたアクションゲーム。ファミコン版などでも出ているのでプレイした人は意外と多い。ただ主人公が死にやすくクソゲーの代名詞として扱われる。筆者もその難易度にサジを投げた。https://t.co/hp3drNIdBd

close