TAPthePOP (@TAPthePOP)


パンク界のゴッドファーザーことイギー・ポップが、明日72歳の誕生日を迎えます。 TAP the POP『ミュージシャンたちの27歳──青春と人生のクロスロード』のイギー・ポップ編をご紹介します♪… https://t.co/j8WqH84dgX
高田 漣──多岐にわたる音楽的趣味をカラフルかつフレッシュに爆発させた傑作アルバム https://t.co/hfKkPPLK3s
2017年に発表したソロ・アルバムが第59回日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞し、まさに脂の乗り切った時期といえるでしょう。そんな高田 漣の新作『FRESH』は、ルーツ・ミュージックはもちろん、青春期に吸収した音楽の影響を随所に… https://t.co/1qBYvQlg7W
高田 渡の長男であり、本サイトでもインタビューで登場いただいたことのある高田 漣さんは、YMO、細野晴臣、高橋幸宏、くるり、真心ブラザーズ、星野源といったアーティストのレコーディングやライヴのサポートを数多く務める傍ら、シンガー・… https://t.co/cwifmav3zY
母親を路上に放り出さないためには、どうしてもお金が必要だった。 彼女はピアニストに「Trav'lin' All Alone(ひとり旅)」を頼んで、客がいるにも関わらず、ぶっつけ本番で歌い出した。 次の瞬間…クラブ中がシーンと静まり… https://t.co/t9Z3d9fUn8
最初はブライアンの恋人としてストーンズの前に登場し、途中からはキースと暮らすようになった女優の鋭い洞察力を紹介します。 https://t.co/dWl0sweqpF
やがてバンドを去ることになるブライアン・ジョーンズの嗚咽のように聴こえる「ルビー・チューズデイ」 ブライアンがローリング・ストーンズを去ることになった根本的な原因について、実に的を射たことを述べていたのがアニタ・パレンバーグでし… https://t.co/ex0I0JiOHf
ウディ・アレンが監督・脚本・主演を兼ねた『アニー・ホール』は、ニューヨークの街が物語の一部として描かれる。風景や喧騒、クラブやレストランや映画館といった場所までもが、重要な要素として機能する。独特のNY観がループするのもアレン映画… https://t.co/cWDhnPhktA
これまでに様々なミュージシャンたちと共演を果たしてきたエルトン・ジョン。 レイ・チャールズが2004年に発表した遺作『ジーニアス・ラヴ~永遠の愛』の中で、彼と最後にレコーディングしたのもまたエルトン・ジョンでした。… https://t.co/EvclppGIzD
ヒプノシスは、ストーム・トーガソンとオーブリー・パウエルによって結成された英国のデザインチーム(1968年~1983年解散)。レコードジャケットが芸術的なキャンバスとなり得ることを証明した。… https://t.co/ghsHPejm6I
アルバムのジャケットデザインに革命を起こしたヒプノシス。その中心メンバー、ストーム・トーガソンが亡くなったのは2013年4月18日のこと。コンピュータもフォトショップもない時代に、彼らはどこでどのようにして独創的な仕事を成し遂げた… https://t.co/cWbvC9GJxO
4月17日はクイーンのメンバーがはじめて日本を訪れたことから”クイーンの日”とされていますが、初来日したときの熱狂はビートルズを思い起こさせるほどでした。 その熱烈な歓迎にメンバーは驚きましたが、同時に日本でのツアーを心の底から楽… https://t.co/wOd3urX15Q
ロニー・ミルサップの「Lost in the Fifties Tonight (In the Still of the Night)」に80年代の風景を思い浮かべます。名曲です。 https://t.co/lJ931QWtMo https://t.co/A8Sm6rl49r
ロニー・ミルサップの「Lost in the Fifties Tonight (In the Still of the...
「うちのタレントを日本で売り出してみる気はないか」と、ロンドンで見せられた写真の中から「よし、これをやろう」と渡邊普が引き抜いたのは、クイーンというグループだった。それからレコードを聴き「クラシック・ベースがきちんとしているし歌唱… https://t.co/jrkvgnWR2F
...
「70年代に囚われた怠惰な暮らしをしている男を、レイモンド・チャンドラーの探偵小説の世界の放り込んだら面白いだろうと思った」──ジョエル&イーサン・コーエン兄弟の『ビッグ・リボウスキ』には、クセの強い凄い顔ぶれが集まった。… https://t.co/86cvq2PWUv
...
ザ・バンドのセカンドで通称「ブラウン・アルバム」。エリック・クラプトンは土地にしっかりと根ざした音楽を耳にして、自分が演っているクリームのような激しく浮遊する音楽が恥ずかしくなったという。広大な音楽の旅で道に迷った時、ザ・バンドは… https://t.co/Pygpkex4S7
...
シナトラの記念すべき最初のアルバム。キャピトル時代のジャズ・ヴォーカルや、最強のエンターテイナーとして君臨したリプリーズ時代もシナトラ・ワールドそのものだが、本作のコロムビア時代のような若いシナトラの軽やかさも今では新鮮。… https://t.co/b60cntFlMr
...
先日のアルバム編に続いて、本日はシングル編をお届け。ヒップホップ勢力が増す以前のR&Bチャートにはどんなヒット曲や顔ぶれが? 1980年代“R&B”ヒットチャート/アーティスト総括(シングル編)… https://t.co/JYfnBXdFpb
...
高田渡がフロントで「ピート・シーガーに会いにきた」と伝えると、待つこと数分でピート本人がロビーに下りてきた。 「ああ、君だったのか、手紙をくれたのは」と話しかけてきたピートは、「明日、ステージがあるから」とコンサートの最前列のチケ… https://t.co/voj3pQM6Mg
...
ギター教室の生徒だった高田渡が灰田勝彦から教わった”歌を自分のものにする方法” https://t.co/7qELVCVBar
ギター教室の生徒だった高田渡が灰田勝彦から教わった”歌を自分のものにする方法” https://t.co/7qELVCVBar

close